早大:2017/11/27撮影:紅葉の杜・早稲田大学―2・写真、絵画風、小津安二郎型編(その1)

早大:2017/11/27撮影:紅葉の杜・早稲田大学―2・写真、絵画風、小津安二郎型編(その1)

【構成】早稲田大学―紅葉の杜・早大(2017年11月26日、11月27日、11月30日)

(1)11月26日の早大―写真、絵画風、多重露出(オリジナル技法)、被写体ブレ利用編
 早稲田大学―紅葉の杜→2018/05/05公開 http://takachan1.xsrv.jp/photoblog/?item=3315

(2)11月27日の早大―絵画型編→写真、絵画風、小津安二郎型編・

  早稲田大学―紅葉の杜―2→2018/6/28公開http://takachan1.xsrv.jp/photoblog/?item=3367
  早稲田大学―紅葉の杜―3→2018/10/7公開 http://takachan1.xsrv.jp/photoblog/?item=3370 

(3)11月30日の早大―写真型編→写真、絵画風、ボケ利用編:

  早稲田大学紅葉の杜―4→2018/10/27公開 http://takachan1.xsrv.jp/photoblog/?item=3368 

  早稲田大学紅葉の杜―5→2018/11/4公開 http://takachan1.xsrv.jp/photoblog/?item=3747 

 

 


2013年以降、国内の大型旅は四つした。その内、三つがその前後に世界遺産となった。

確率は7割5分である。

もし、早大大隈講堂が何らかのユネスコ遺産となれば、100パーセントとなる。

早大総長。何とかならぬだろうか。陳情。

なお、2017年11月26日に東京へ行かされた原因は、まだよく分からない。

寝ている間に、仕事の最後の賭けをするならば、早稲田大学を無視する手はないと説得され東京へ行った。しかし、それが本当の目的だったのかどうかは、私には(否、私にだけは)現時点では分からない。他の大型フィールドワークも行ってから2~5年後くらいに、行かされた目的が分かったこともある。

早稲田大学訪問日程などは後日詳細に掲載予定。今回は、写真の解説のみに留める。

また、小津安二郎型撮影は次回に掲載する。今回は、大隈重信像と大隈講堂の写真が中心である。大半は絵風に仕上げている。(これならば肖像権問題もクリアできることもある。)

 □

新企画一枚型巨大写真コーナー奇数日更新(横はPC大、縦はPC画面の二倍相当)

現在早大シリーズ計百枚ほど展示予定。2018年4月下旬~7月(延長し、10月)下旬頃まで隔日入替予定:下記クリックを。

本日(2018年5月5日~5月6日掲載)掲載写真は下記写真。下記HPでは迫力が違います。まずは御覧を

http://h-takamasa.com/conversation/custom15.html

序→Twitterにリンク

下記から写真は一度クリックでパソコンモニター大、二度クリックで巨大となる

①早稲田大学構内・1→ここから開始(レタッチトーン調整)

17-073-005 11-27_103319



②早稲田大学構内・2→レタッチ(トーン調整)

17-073-008 11-27_105152_01



大隈講堂と銀杏・1→LCH調整

17-073-011 11-27_111428



④大隈重信像→トーンとLCH調整

17-073-015 11-27_113246



⑤大隈重信像と大隈講堂・1(トーン調整)

17-073-041 11-27_114640



⑥大隈重信像と大隈講堂・2(トーン調整)

17-073-038 11-27_114421



大隈重信像と大隈講堂・3(LCH調整中心)

17-074-016 11-27_115032_01



大隈重信像と大隈講堂・4(トーン調整)

17-074-019 11-27_115117_01



⑨大隈重信像と大隈講堂・5(撮ったまま)

17-074-017 11-27_115046



⑩画家と大隈重信像と大隈講堂・1(撮ったまま)

 →ここから画家の人を入れる。

17-074-026 11-27_1159-1



⑪画家と大隈重信像と大隈講堂・2(LCH調整)

17-073-070 11-27_115430_01



⑫画家と大隈重信像と大隈講堂・4(撮ったまま)

17-073-056 11-27_115036



⑬画家と大隈重信像と大隈講堂・5(LCH調整)




画家と大隈重信像と大隈講堂・6(LCH、トーン調整とレタッチソフトのコミックの複合技)

17-073-089 11-27_12c



⑮画家と大隈重信像と大隈講堂・7(トーンとLCHの複合)

17-073-092 11-27_12-1



⑯画家と大隈重信像と大隈講堂・8(レタッチソフトで絵風に)

17-073-107 11-27_300Kb



⑰画家と大隈重信像と大隈講堂・9(撮ったまま)

17-073-120 11-27_120718



⑱画家と大隈重信像と大隈講堂・10(レタッチソフトでガラス加工を入れる)

17-073-123 11-27_1207g



⑲画家と大隈重信像と大隈講堂・11(撮ったまま)

この場面での加工の仕方比較は写真物語技能編に特集。(下記アドレス)

http://takachan1.xsrv.jp/photoblog/?menu=3429

17-074-035 11-27_121455



画家と大隈重信像と大隈講堂・12(LCH調整)

17-074-038 11-27_121536_01



画家と大隈重信像と大隈講堂・13(LCH調整)

17-073-112 11-27_120606



㉒画家と大隈重信像と大隈講堂・14(レタッチソフトで水彩画風に加工)

17-073-061 11-27_1151-3











★「旅に心を求めて」早大編は、次回から、小津安二郎型撮影を駆使したものを紹介。

地面に這いつくばり撮る等。

 

2018年6月28日