早大:2017/11/30:紅葉の杜・早稲田大学―4・写真、絵画風、ボケ利用編(1)

早大:2017/11/30:紅葉の杜・早稲田大学―4・逆さま撮影、絵画風編:(1)

【構成】早稲田大学―紅葉の杜・早大(2017年11月26日、11月27日、11月30日)

(1)11月26日の早大―写真、絵画風、多重露出(オリジナル技法)、被写体ブレ利用編
 早稲田大学―紅葉の杜→2018/05/05公開 http://takachan1.xsrv.jp/photoblog/?item=3315

(2)11月27日の早大―絵画型編→写真、絵画風、小津安二郎型編・

  早稲田大学―紅葉の杜―2→2018/6/28公開http://takachan1.xsrv.jp/photoblog/?item=3367
  早稲田大学―紅葉の杜―3→2018/10/7公開 http://takachan1.xsrv.jp/photoblog/?item=3370 

(3)11月30日の早大―写真型編→写真、絵画風、ボケ利用編:

  早稲田大学紅葉の杜―4→2018/10/27公開 http://takachan1.xsrv.jp/photoblog/?item=3368 

  早稲田大学紅葉の杜―5→2018/11/4公開 http://takachan1.xsrv.jp/photoblog/?item=3747

 

 


東京5日目(2017年11月30日)の撮影である。
このときは雲の形なしの灰色が空一面を覆(おお)う、どす曇りであった。通常ならば絶体絶命の天候であった。だが、なけなしの金を遣い、早稲田大学まで来て、最後の日だけは収穫無しは許されない。

しかし、空を入れると完全に興ざめである。
雲の形のない白い空でおおわれる。

軽く撮りながら、考え続けた。
ボケ狙い(被写界深度を思い切り浅くする)。
だが、今一つ。
多重露出か。これは初日に使用した。
絵画風の素材になるように撮るか。
これも、既に、早大一日目と二日目に行った。

考えに考え、思いついたのが逆を行くである。
即ち、池に写った大隈講堂を撮るである。
相当枚数を撮った。

それが今回のメインである。
その後で大隈庭園で空を入れずに写した。
ここでポイントとして人物を入れれば決まる場面が幾つかあったが、肖像権の関係で断念した。

なお、今回の続きは、いつもの「浜田オリジナル技法の絵になるように撮る」で締めくくった部分である。

 

□□

★写真はクリック一度でPCモニター大、二度で巨大
①池と大隈講堂

01-11-30_141258



②池に映った大隈講堂―1




池に映った大隈講堂―2




池に映った大隈講堂―3

05-11-30_140913



池に映った大隈講堂―4

06-11-30_142358

⑥池に映った大隈講堂―5

17-095-157 11-30_144403



池に映った大隈講堂―6

07-11-30_140626_01



池に映った大隈講堂―7

17-095-116 11-30_142014_01

⑨池に映った大隈講堂―8

 


⑩大隈講堂と大隈庭園(絵風編)―1

17-095-129 11-30_1431-修正



⑪大隈庭園中(写真編)―1

10-11-30_134901



大隈庭園中(写真編)―2

11-11-30_134929



⑬孔子像―1

12-11-30_135527



孔子像―2

13-11-30_135520



⑮大隈庭園の中(写真編)―3

14-11-30_135213



大隈庭園の中(写真編)―4

15-11-30_134408

⑱大隈庭園の中(写真編)―5

17-095-025 11-30_134232

⑲大隈庭園の中(写真編)―6

17-096-023 11-30_135916

⑳大隈庭園のゴミ箱

09-11-30_142831



今回の続きとして次回は、いつもの「浜田オリジナル技法の絵になるように撮る」を中止で締めくくる。

16-11-30_143350

2018年10月26日